【ウィッグ染色】部分ダイロン染め

↑クリックすると動画が再生されます!↑




ウィッグを染める方法として誰もが耳にした事はあるかも?

今回はダイロンでウィッグを染める方法をご紹介していきます☆ウィッグを理想的な色にしてみたいという方や、色を変えてウィッグの印象を変えたいという方必見です><

 

☆ダイロンとは☆

布や洋服を染めたりする際によく使用される英国製の染料です。ホームセンター手芸店で安く手に入れることも出来るのでお手軽です!

 


 

1.染める前に準備をします

染めたいウィッグを水やシャンプーで洗い、塗れた状態にします。

今回は分かりやすいように左側だけを染めていきます。

 

2.染料を作っていきます

※染色中は汚れてもいい服装、ゴム手袋をつけてしましょう。染料が飛ぶとすぐに染まってしまうので注意です。

 

染まってもいいボールやバケツなどを用意します。

そこに500ccの熱湯を入れ物に注ぎます。

ダイロンをお湯の中に入れます。

※ブログで使用しているのは廃盤になった缶タイプですが、今は袋のタイプになっております!

塩を大さじ2〜3杯入れます。

染まってもいい箸でよくかき混ぜます。この時粉や塩が完全に溶けきるまで混ぜて下さい。

 

本来フルウィッグを染める場合はウィッグがつかるくらいのお湯を用意して完全に沈む状態で染色します。この時お鍋でぐつぐつ煮るのも染まりやすいコツです!

 

今回は部分的に早く染めるために染料の濃度は濃い目で水は500ccで染めていってます!

(この辺は仕上がりのお好みに合わせて調整してくださいね)

 

ムラにならないように時々かくはん(混ぜる)させて下さい。かなり濃い濃度なので5〜10分くらいで染まります!

 

染色した後は水かシャンプーもしくは柔軟剤などで洗います。色のついた水が出ないようになるまで洗い流し、染まっても構わないタオルでウィッグを拭いたあとに自然乾燥かドライヤーで乾かします。

 

洗い流したときに、まだ理想の色より薄い場合はもう一度染料につけるとさらに色が濃くなるのでここで調整しましょう。

↑これを毛先にかけて濃くするように繰り返せばグラデーションも作れます

 

完全に乾いたら完成ですヽ(o´・∀・`o)ノ

 


 

以上、ウィッグの簡単ダイロン染めでした!!

ウィッグを染めるのは意外と簡単なので、注意点に気をつけながらぜひともチャレンジしてみてください♪

 

また他の染め方もご紹介していきたいと思いますので、楽しみに待っていて頂けるとうれしいです(●ゝω・)b

 

▼今回使用したのはこちらのウィッグ▼

 

LocoLocoのウィッグコラムはこちら!ウィッグセット、お手入れ方法などお役立ち情報!

ウィッグセット方法やアレンジ方法など
お役立ち情報をお送りします!

 

ウィッグの被り方・洗い方

みつあみアレンジ

前髪の切り方

ウィッグのブラッシング方法

ウィッグをストレートにする方法

ウィッグをコテで巻く方法

ハサミの正しい使い方

ウィッグのブロッキング方法

ぱっつん前髪の切り方

前髪のすき方

ウィッグをまっすぐ切る方法

ウィッグの毛量を少なくする方法

ウィッグに段をつける方法

毛先をなじませる方法

バンスの装着方法とコツ【応用】

ポニーテールの結び方【応用】

部分ダイロン染め【応用】

お湯パーマの方法【初心者向け】

商品カテゴリー

タイプ別で選ぶ

長さで選ぶ

  • ショート
  • ミディアム
  • ロング

色で選ぶ

コンテンツギャラリー

営業日カレンダー

2021年4月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
2021年5月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031